歴史と味のー 【公式】菓匠三全オンラインショップ

光沢のある絹糸を束ねたような、美しい「晒よし飴」
空気を含んだ飴の繊維は、口どけ滑らかで優しい甘みがふわりと広がります。
まるで淡雪のように一瞬で溶けていく、不思議な口どけをぜひお試しください。

晒よし飴の特徴

光沢のある絹糸を束ねたような、
見た目にも美しい晒よし飴。
極限まで引き延ばし幾重にも重ねた飴は、
内部に蜂の巣状の空洞ができることで、
「晒よし飴」ならではの口どけをつくり出します。そのとき飴の繊維は、100本を超えるといいます。
秘伝の職人技が生み出す、一度食べたら忘れられない不思議な食感。
ぜひお試しくださいませ。

晒よし飴は、繊細な飴でございます。
缶の中には、飴と一緒に菓子種が入っております。
お召し上がりの際は、菓子種を少し出していただくと、飴が取り出しやすくなります。
また、菓子種には繊細な晒よし飴を
衝撃と湿気から守る大切な役割を果たしております。
食べ終わるまでは捨てずに、飴にかぶせて保存してください。

PCサイトはこちら